考えている男性と薬
  • ホーム
  • 早漏改善プロジェクト、ポゼットによる射精時間延長

早漏改善プロジェクト、ポゼットによる射精時間延長

考えている男性

早漏で悩んでいるけれども、病院に行くのは大げさだし、周りにも相談しづらいという男性は少なくないようです。
ED(勃起障害)の治療機関はだいぶ増えてきており、大抵はED治療と早漏治療は一緒に行われています。
EDになってから早漏になったり、逆に早漏になってからEDになるケースもあります。
EDは動脈硬化や糖尿病などの器質性の原因が多いですが、早漏はストレスやトラウマなどの心因性の原因のほうが多いです。
これを改善するためのプロジェクトDVDなどがネットで扱われています。
こういうものを活用して、自宅で自力で治してみるのも良いでしょう。
よほど重症でない限り、何度も繰り返していれば感覚がつかめるようになって、射精までの時間をのばせるようになります。
一番効果が高い方法として、スクイーズ法があります。
自分でペニスを指で刺激して、射精しそうになったら亀頭を指で押さえて射精を止める、ということを繰り返すことで、射精までの時間を延長させる方法です。
これを何度も繰り返しているうちに、タイミングがつかめるようになります。
臨床結果でも95%の人に有効だったという報告があるので、試してみても良いでしょう。
道具も何もいらないので、お金がかからないのがメリットです。
自力では無理というのであれば、呼吸法や姿勢などをプロジェクト形式で教えてくれるようなDVDを観ながらやってみると良いでしょう。
もしくは、薬に頼って治すという方法もあります。
根本的な解決方法ではありませんが、ポゼットを使うと自律神経の働きが整い、射精までの時間をのばすことができます。
だいたい、通常の3~4倍の延長時間が見込めると言われています。
SEXの満足度が上がるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧